愛すべき奇跡のおじさん達へのひとりごと

岡田くんへの想いが強すぎて妄想が止まらないのですが。

侍 岡田准一

髭の謎がとけましたね。 「散り椿」。よし、原作を読もう。図書館戦争。いや違った(笑)。図書館にいこう。 葉室麟さんの作品、読みやすいんですよね。何冊か読んだけど、難しくなくて。

それにしても、やっぱり侍なんですね、岡田くん。佇まいも、本当にキレイです。

馬に飛び乗ってクルクル回るって、どれだけの身体能力の持ち主なんですか? こういう姿は、まさに「俳優 岡田准一」。

しかも、監督が「追憶」に続いて木村大作監督。 准ちゃん大ちゃんのタッグ再びですよ。

関ヶ原」と「散り椿」。 時代劇が連続ですが、歴史好きの私は嬉しい限りです。

軽い役をやりたいって言っていた岡田くん。 やっぱり難しい役でしたね。

2018年か。楽しみですね。