愛すべき奇跡のおじさん達へのひとりごと

岡田くんへの想いが強すぎて妄想が止まらないのですが。

皆さん、これってどうしてますか?

実家にも、旦那の実家にも、我が家にもある着物。我が家の着物は、私が七五三で着ていた着物で、娘達に七五三で着せてきました。

さすがに年代を感じるもので(昭和っぽい柄)、通りすがりのおばさまに、「あら、これお母さんが着ていたものね。」と言われてしまうくらいです。

かれこれ35年前ですから、生地も限界です。キレイに畳んでしまっているはずなのに、やっぱり下手くそです。桐の箪笥、あればきっと保管できるのに。我が家ではそれも無理。

実家も旦那の実家もあるんですよ、桐の箪笥が。だって広い一戸建て。我が家は狭いマンション。しかも着物は七五三用のみ。あるわけないし。

なので、末っ子の七五三を終えたら処分をすることにしました。

もう、着られないし。私と4人の娘が着ればもうお役御免で良かろうと思いました。

ただ、普通に捨てていいものかどうかの判断もできないので。

あれこれ調べてみました。

で、発見したのがこれです。

「着物買取サイト」

このサイトを開いてみると。欲しかった情報がしっかり乗っていました。

トドメは。買取できなくても無料で引き取りもできるとの事ではないですか!

そうか。もし金額がつかなければ引き取りをしてくれるのか。

大変ありがたいシステムです。

自分でゴミとして捨てるのもどうかと思っていたら。これなら安心して業者さんにおまかせできます。

今の私達世代で、着物を保管する家はあまりないのではないでしょうか。それこそ、ご実家に保管してたけど着なくなってしまった着物がある人もいるかも知れません。

検討の余地ありだと思いますよ。