愛すべき奇跡のおじさん達へのひとりごと

岡田くんへの想いが強すぎて妄想が止まらないのですが。

「海賊とよばれた男」Blu-ray見終わりました

本編、昨日1人で見ました。

完成披露試写会で見て以来です。映画館には行けなかったので、あの日の感動を思い出しながら、ちょいちょい涙目になってしまいました。

店員に愛され、店員を家族と言い切る國鐵さん。(←綾瀬はるかさんが言ってた呼び方)

 

 

なんといっても、國岡商店の社歌が好きです。

♪荒波乗り越えて 船を漕ぎ出せば♪

劇中で岡田くんがアカペラで歌い出すシーン、繰り返して見直してなぜかニヤケてしまう。

 

f:id:v6v6-okada:20170709122949j:image

 

歌詞も良いですよね。明日から仕事頑張ろう。月次の仕事がまだどっさり残っているので、社歌を頭の中でリピートさせながら乗り切ろう。

 

20代から90代までを演じきった岡田くん。声が全然違うし、話し方も変えていますよね。すごいの一言です。

若い時代の鐵造さんは、なんかかわいらしくて。結婚の辺りなんて、本気で照れてますよね、これ。と言いたくなるようなガチ照れっぽい顔。 

対して、戦中、戦後はまさに店主。声に凄みも出ていて、迫力満点です。

声をわざわざ枯らしてまで演じたそうです。

 

まさに「海賊」さながらの生き方をした國岡鐡造。人生の最期のあのシーン。旗を振り回しながら、船で店員とユキと一緒に油を運んでいるシーンが印象的でした。あの時代が鐵造にとって、1番楽しかった時代だったのでしょうか。

 

「船出せー!」

「國岡のもんよー!油持ってきたけー!」

この2つのセリフ、個人的に好きです。

また見よう💛

 

それから、特典ポスター、クローゼットの扉横にしっかり貼りました。

じわじわ岡田くんスペースが。V6スペースが増えつつあります。

嬉しい😃