愛すべき奇跡のおじさん達へのひとりごと

岡田くんへの想いが強すぎて妄想が止まらないのですが。

「西郷どん」面白い

f:id:v6v6-okada:20180211222627j:image

大河ドラマ「西郷どん」。鈴木亮平さん主演で、今日が第6話でした。

1話からハマりまして。めちゃくちゃ面白いんです。創作だらけなのは知っていますが。

西郷隆盛大久保利通がお隣同士?いやいや、ありえないですから。

御前相撲で殿様(島津斉彬)を投げ飛ばす?いや、ないですってば。

と、ツッコミたくなる所がたくさんあるのですが、どうもハマってしまいました。

何が原因なのか?西郷吉之助の「天然人たらし」かもしれないです。

とにかく一所懸命。ひたすら人のために動く。涙もろくて、人情に篤くて。だから引き込まれてしまうのでしょうか?鈴木亮平さんのハマり具合もステキです。

恋愛には鈍くて微笑ましく見ていました。

吉之助が好きな岩山糸。でも、吉之助は全く気づかない。正助が糸を想っているのを知っている吉之助は、糸に正助の良さを語る。で、岩が「子供の頃から吉之助さんが好きでした」の告白を受けた時の吉之助の顔!

桜島が噴火したような顔」って、岩ちゃん。なかなか良い例えでした。

親が決めた縁談に乗るしかなかったこの時代。切なかっただろうな、この3人。

実際には糸ちゃん、吉之助の3番目の妻になるそうですから、結果的に結ばれるのですが、それでも今とは比べられませんからね。

やっぱり一番すごいのは、松平健さんかも。色んな意味での圧がすごい。迫力あるし、さすが殿。めちゃくちゃ引き締まる。

 

去年と一昨年の大河ドラマは早い段階で脱落してしまったので、久しぶりにハマって楽しい。

 

天地人龍馬伝、江。1年あいて八重の桜、軍師官兵衛、花燃ゆを3年ダダハマりで見て以来です。

そういや、なぜか篤姫は見なかった。なんでしょうね。宮崎あおいちゃんが出てるからじゃなくて(←悪意は全くないですよ!)、なんでかこの年は見なかった。

歴史が動くのはまだ先になりそうです。毎週録画が楽しみです。